Profile

入社
2018年
趣味
料理・キャンプ・ドライブ・スニーカー
好きな音楽・映画
Ed Sheeran・STAR WARS
おすすめのランチ
とんかつ末吉(カキフライが美味)

#01

DACに入社を決めた理由は?

大まかな言い方になってしまいますが正直な話、「デジタル×広告ってなんかワクワクする」「HDYグループって大きい仕事ができそう」と感じたことがきっかけです。
インターネット広告業界には元々興味を持っていた中で、「デジタル」という存在はテレビや新聞のようなマスメディアよりも身近に感じつつ、無限の可能性を秘めていそうな気がしていました。当時大学生だった私には、現在私生活の中心であるSNSを起点として世の中を動かすことができるという発想はなかったので、とにかく「面白そう」という想いが強かったです。
また、先輩社員が広告会社(博報堂)に常駐して業務を行っているということを知り、デジタル専業の広告会社よりもDACで働くことで、自身のチャレンジ領域が広がるのではないかと感じました。実際にデジタルのみならず、雑誌と絡めたデジタル提案や、テレビと連動したコミュニケーションのデザイン等もできています。
だいぶかっこよく書きましたが、流行好きな私の性格に合っていたのだと思います(笑)

#02

DACで超えた「枠」

「自身の領域を拡大できたこと」です。
新卒入社当初は「営業として頑張って大きな成果を上げるぞ」ということしか考えていなかったのですが、最初に配属されたのは、予算内でどのメディアに広告を出稿するべきかの提案を行ったり、管理画面と向き合い広告が配信されているユーザーの分析を行うメディアプランニングを担当する部署でした。元々は自分ではあまり得意ではないと感じていた業務でしたが、様々なメディアの特性を理解し、細かい数値を追う能力を身に着けたことで、結果として自身の武器を増やすことができました。
現在はそれらの経験を活かし、広告会社(博報堂)と共に第一線でクライアントと向き合うことで、より詳細な課題や悩みに対する最善な解決策を提供できるよう、日々全力で業務に臨んでいます。
これまで経験してこなかった領域を知ることや、全く異なる考えの方々と一つの課題に対して議論しあえる環境は、非常に刺激的です。

#03

どんな人と働きたいですか?

場の雰囲気を作るのが得意な人、慎重に物事を考えるのが得意な人、新しいことにチャレンジするのが好きな人…等、本当に沢山の方々が職場にはいるので、基本的にはどなたとでも働いてみたいですね。
私は「Hospitality(ホスピタリティ=思いやり)」が特に重要だと考えています。誰かと一緒に仕事をする際、どうしてもやることが多かったり細かかったりすると、自分にとって少し楽な方法を選んでしまいがちですが、それによって更に相手への負荷がかかってしまったり、時には自分に跳ね返ってくることがあります。
そのような時に「こうしたらあの人は喜ぶかも」とか「こうしておけば後で楽になりそう」というスタンスで仕事をすると、相手との関係値も上がり、良い結果に繋がります。これは、私が尊敬する先輩とお仕事をさせていただいた際に学んだことです。
どんな仕事でも必ずコミュニケーションは発生するので、その際には是非「Hospitality」を意識してみてください!

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

昨今、新しい音楽やファッション等、様々なトレンドの変化スピードは、デジタルが生活の中心となったことで、圧倒的に速くなりました。サービスや商品を利用する生活者にとってはたくさんの情報/選択肢の中から答えを見つけなければなりませんし、このような生活者のニーズを汲み取るクライアントの課題も複雑化してきています。
このような環境の中、DACは多様な領域を網羅し、常にチャレンジをすることで、デジタル広告業界の最前線という枠を超えて、業界を牽引し続ける存在でありたいと思っています。
これからどのように世の中が変化していくかは誰にも分かりませんが、我々の存在により、生活者にとって少しでも価値のある「デジタル社会」を実現していければと考えています。

Next

Digital
New Society