Profile

入社
2018年
趣味
写真/動画撮影と編集・自作PC・マリンスポーツ・ドライブ・旅行
好きな音楽・映画
Perfume・Duft Punk・STARWARS・MATRIX
おすすめのランチ
俺のBakery&Café 恵比寿店

#01

DACに入社を決めた理由は?

スマートフォンや通信技術の発展によって、デジタル技術の活用やデータビジネス領域に関連のある会社は、今後どんどん活躍していくだろうとぼんやり考えていました。元々、身の回りにある広告の裏側に興味があったということもあり、デジタルと広告2つの要素を持ち合わせているDACに魅力を感じました。今もそうですが、「広告=ジャマな存在」という印象をお持ちの方が多いなと感じていましたので、ジャマだと思われずに先回りして「その人が真に求めている情報を知らせる広告の仕組み」を作りたいと思い、そしてそれがこの会社ならできると感じたので、入社しました。
その夢の実現にはまだまだですが、求めている人に求めている情報だけを提示できるような「企業ファーストの広告」ではなく、「生活者ファーストのコミュニケーション」の形を模索する日々です。 また、DACにはその夢を実現できる可能性のあるサービスがあり、ビジネスやクライアントなどの環境面においても魅かれる部分がありました。

#02

DACで超えた「枠」

自分自身で枠を超えたと言うのは少し恥ずかしいですが、私は”自分の可能性の枠”を超えることができたと思います。
個人的な話をすると、私はあまり人をまとめたり何かのリーダーになるようなことは、経験も少なく得意ではありませんでした。
それでも、あるプロジェクトのマネージャーとして、DACのサービスを無事に完成させることを任されました。この経験をきっかけに、これまで無意識に自分で作っていた”可能性の枠”を超えることができたように思います。人間誰しもやりたくないことや苦手なものはあり、それを自然と避けていく中で、その苦手意識は自分を締め付ける枠になっていくと思います。
実際、苦手なことであってもそれをなんとしてでもやらないといけない状況に追い込まれると、人間何とかなるものです。この追い込まれた状況を、自分の枠を超えるいいチャンスだと捉えられる人は、とても成長できると思います。

#03

どんな人と働きたいですか?

自分自身の世界観をしっかり持っている人と一緒に働きたいです。
その人なりの物事の捉え方や考え方から思ったことを共有してもらいたいですね。周りに流されたり、空気を読むことはせず、思ったことや考えたことを素直に表現できることは、才能だと思います。どんな仕事も、チームで進めることがほとんどになるかと思いますが、その中で他者と意見や考え方が異なっていても、それを臆せず表現できることで、そのチームの選択肢が一気に広がります。
普通の人と違った視点で物事を考えることができる、そんな人の知恵をぜひお借りしたいところです!

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

あらゆる環境の枠を超えて、どこでも、誰でも、等しく豊かな社会を作っていけたら素晴らしいことだと思います。デジタルが働きかけることのできる範囲が画面の中だけだった時代から、IoTの発展などによって、私たちのいるリアルの空間に対しての働きかけも容易にできるようになってきていると思います。
少し怖く聞こえますが、正しく使うことでオンラインとオフラインの枠を超えたように、人種・性別・国など課題が多い領域の枠を超えることも、近い将来できると個人的には考えています。現に、オンラインゲームでは顔も見えない見ず知らずの人と、人種や性別など関係なく同じ目的のために、一緒の時間を共有している環境が、すでにありますよね。そのことを踏まえると、社会課題を生み出しているような環境の枠を超えることは難しくないように感じます。
DACも、まずは身近な生活者の課題となっている枠を認識して、それを超えるサポートをしていくところから着実に進めていけたらいいなと思います。

Next

Digital
New Society