Profile

入社
2018年
趣味
ダンス・女性アイドルの崇拝
好きな音楽・映画
ハロプロ・大森靖子
おすすめのランチ
クリスプサラダワークス恵比寿

#01

DACに入社を決めた理由は?

可能性を広げたかったからです。
私は所謂普通の大学生的な過ごし方をしていて、特別得意なこともないし、とにかく自分に自信がなくて大学時代は社会に出るのが、すごく不安でした。
就職活動では色んな選択肢がありますが、デジタルに強くなれば、この先社会で必要とされる人間になれるかもと思ったのが、業界へ興味を持ったきっかけです。
インターネット広告業界というと、先進的で「攻め」なイメージですが、「デジタルがわかる人間になる」ことを選ぶのはこの先生きていく上で、ある意味安定を選ぶことになるんじゃないかなと思い、DACに入社を決めました。
会社に入ってからも、拡大していくデジタル領域で新しいことに挑戦できる環境はとても価値があると日々感じています!
また採用ステップの中で出会う社員さんが、(平均年齢が若いというのもありますが)とにかく若くてエネルギッシュで、ここにいれば一生老けずに年を重ねることができるんじゃないかな?って思ったりしたのもあります(笑)

#02

DACで超えた「枠」

私は入社から現在に至るまで、メディアプランナーとして同じ媒体社の担当をしています。他媒体についての情報をキャッチアップし多角的に見ながらも、自分の担当媒体に寄り添い、社内でのメディアソリューションを考えるという「媒体者様の親友」的なポジションです。
大きな媒体を担当しているので私の部署はチームで動くことが多いのが特徴で、チームで動くからこそ毎日上司や同僚から学ぶことが多いです。
入社当初は「私は一人じゃ何もできない!」と落ち込むことも多かったのですが、日々の業務を経て思うことはチームで動いているんだから、自分ができないことはできる人に協力を求めたり、わからないことはわからないと言えばいいと3年目になってやっと気づいてきました。
仕事とは「自分ができることを披露する場」だと思っていましたが、もしかすると「できないことをできるようにして、なんとかする場」なのかもしれません。今後ももっと周囲から様々なことを吸収し知見や可能性を拡張していきたいと思っています。

#03

どんな人と働きたいですか?

素直で何でも吸収できる、メタモンの様な人。

デジタル業界は難しい用語や仕組みも多く、最初はわからないことが多いと思います。急に周りに社会人しかいなくなり、怖気づいて聞けないこともあるかと思いますが(私はホッチキス芯の替え方がわからず、知恵袋に聞くなどしていました)、知らないことも、指摘されることも、最初は当然なんです。図々しいくらい積極的に質問したり、意見を言えるって素晴らしいことだと思えるようになりました。そういう人はなんでも自分事化して情報をインプットできているということなので、どんどん知識が増えていくんですよね。
また、自分が先輩の立場になってから「後輩に頼られるのって意外と嬉しいんだな!」って思ったので(笑)わからないことはわからない!とちゃんと言って、もっと頼ればよかったなと思います(笑)

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

「デジタル」は数字やデータなど、一見地味で無機質なイメージもありますが、これからの未来においてはデジタルこそが、「感動」や「人のつながり」のようなエモーショナルなものを作り出せるツールだと思います。
その中でもDACは博報堂グループのため、アウトドア領域や、テレビ・ラジオのようなマスとの掛け合わせなど、デジタルという枠にとらわれず、様々な領域を横断して、生活者のココロを動かしていくことが可能です。

Next

Digital
New Society