Profile

入社
2020年
趣味
散歩
好きな音楽・映画
マカロニえんぴつ・チャーリーとチョコレート工場
おすすめのランチ
姉妹 恵比寿店

#01

DACに入社を決めた理由は?

私が高校3年生のとき、広告好きな先生が受験を控える生徒たちを応援するために、あるCMをホームルーム中に流していることがありました。当時はそのCMにとても感動し、漠然とですが、こんな広告を作れたらいいな、と思ったことが広告に興味を持ったきっかけです。
ただ、就職活動の時にそのCMを見返してみたところ、まったく心に響かなかったので、あれは自分が受験生だったから感動したのであって、見る人や立場によって広告の見え方は変わってくる、ということを実感しました。そこから、生活者に最適化した広告を配信することができるインターネット広告に興味を持ち、DACについても調べ始めました。
DACの選考では、最終面接までリラックスして楽しく話すことができたので、社風が自分に合っているのかなと思ったことが入社を決めた理由です。また、合格通知が自分の誕生日に来たので運命を感じたから、というのも実はあります(笑)
今は「生活者のニーズに合わせた広告配信」の一端を担うことができており、一緒に仕事をする仲間にも恵まれているので、DACに入社してよかったなと思っています!

#02

DACで超えた「枠」

現在、開発部で仕事をしていることが、学生時代の自分には想像できなかったので、大きな「枠」を超えたことだと思います。
私は元々文系で、ITに関しては本当に疎く、システムエンジニアは自分に縁がない職種だと思っていました。
しかし入社後に、社会人では新しいことに挑戦してみたい、と思ったことをきっかけに、ソリューション開発の仕事を希望して、現在に至ります。配属後から今までわからないことの連続ですが、勉強をしながら、チームメンバーに助けてもらって仕事をしています。
文系出身でも開発部で働けることが驚きでしたし、やってみたいと意思表示するとすぐに挑戦できるので、チャレンジしやすい環境があると思います。今は、枠を超えて、自分の世界がさらに広がっていることを実感しています。

#03

どんな人と働きたいですか?

相談しやすい人と働きたいです。今はリモートワークが多いので、チャットで連絡することが多いのですが、こまめに情報を共有してくれたり、内容をわかりやすく丁寧に伝えてくれる人は、話しやすく、困ったときに相談できるのでありがたいです。私もそのような人になりたいなと思っています!

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

人々がもっと安心してインターネットを利用できる社会を作っていきたいです。
インターネットの普及によって、便利な生活をできるようになりましたが、あらゆる人が安心してインターネットを使うことができているかというと、そうではないと思います。
情報の流出やフィッシング詐欺、デジタルデバイドなど、インターネットにまつわる問題はまだまだ山積みですので、私はDACでより多くの人が安心して過ごすことができるデジタル社会を創っていきたいと思います。

Next

Digital
New Society