Profile

入社
2018年
趣味
音楽フェス・ライブ・サッカー観戦・旅行
好きな音楽・映画
go!go!vanillas・星野源・ABOUT TIME
おすすめのランチ
KNOCK

#01

DACに入社を決めた理由は?

学生時代にメディアコミュニケーションの分野を専攻していたこともあり、元々広告業界に興味を持って就職活動をしていました。
その中でDACのインターンシップに参加した際に先輩社員の方が「DACは沢山のメディアを取り扱うインターネット広告の総合商社のような会社だから、クライアントの課題解決のために様々なメディアやデータを組み合わせて最適な提案をすることができる」と仰っていて、自分もそんなことができたら面白そうだなと感じ、すごく印象的だったことを覚えています。
最終的にDACに決めたきっかけは、そうやってイキイキと話されている先輩方の姿に憧れた部分が大きいと思います。
実際、本当に沢山のメディアの取り扱いがあるので、自分なりに考えて提案した内容での実施が決まった際にはすごくやりがいを感じますし、入社前に感じた人の魅力は入社後も変わらず、人にすごく恵まれている環境だなと思っています。

#02

DACで超えた「枠」

課題解決のための考える力ではないかと思います。
案件毎に対象国も違えば、クライアントが目指しているゴールや求めている結果が異なるので、毎回同じメディアを同じように提案していては良い効果は期待できません。
そうすると、毎回どのメディアをどのように使うことが最適なのか、何故そうなのかを納得してもらうためにはどう伝えるべきなのかについて必然的に考えるようになりました。
最適なものが見つかるまでは毎回悩ましいですが、周囲の人達からアイデアをもらったりしながらばっちりハマるものが見つかった時には達成感がありますし、実際にその提案の実施が決まった時には本当に嬉しいです。
そうやって様々な角度からメディアを見れるようになることで自分の中で提案の引き出しが増えて行く感覚は、自分の成長を感じられて面白い部分でもあります。

#03

どんな人と働きたいですか?

自分から進んで行動を起こせる人です。
変化のスピードが速いデジタル広告の中でも、グローバルの業務では、国による慣習の違いや普段触れることの無い現地の人気メディアについても変化を把握していかなければならないので、自分から情報を得るために行動できることが重要です。
常に情報をアップデートし続けることは難しいですが、だからこそ分からないことを自分で工夫して調べたり、進んで人に聞けるような人だと自然と周りも手を貸してくれるようになるでしょう。一人ではできない仕事だからこそ、良い意味で周囲を巻き込める人の方が楽しんで仕事をできるようになるのではないかなと思います。
私自身もそんな人でありたいと思って日々働いているので、変化の激しい業界の中でも課題に対して、楽しんで行動を起こせる人と一緒に働けたらいいなと思っています!

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

広告は求めていない人から見れば不要な雑音になってしまうかもしれませんが、その情報が役に立つ人もいるはずです。
デジタルのテクノロジーを使って無差別ではなく、その広告が持つ情報を必要としている人に届けることで、広告をインターネット上に溢れる情報の一つから、その情報を受け取った人にとってより価値のあるものにしていけたらと思います。
毎日あらゆるところで情報に触れる世界だからこそ、そうやってデジタルの力を上手に使い、繋がらなかったモノや人や情報が出会うきっかけを生み出すことで、沢山の人の生活を豊かにできるような社会を作っていける一歩になるのではないかと思っています。

Next

Digital
New Society