Profile

入社
2018年
趣味
写真を撮る・遠出する・ミュージカルを観る
好きな音楽・映画
UNISON SQUARE GARDEN・RENT
おすすめのランチ
シャナイア

#01

DACに入社を決めた理由は?

もともと広告業界には興味があり、インターンシップに参加したことがきっかけでした。その中でも、最新のテクノロジーを使ったデジタルならではの広告の面白さに惹かれました。DACには、一般的な広告会社にはない自社で持っているプロダクトやたくさんのデータがあることを知り、時代的な流れもあったため、総合広告会社やマス領域ではなく、デジタル領域に携わりたいと思いました。業界の中では比較的長い歴史があり、プロダクト開発から運用まで、多くの領域を一つの会社の中で経験することができる幅の広さが魅力的だと感じ、DACに決めました。また、一緒にインターンシップに参加したメンバーや懇親会で会った未来の同期たちととても波長が合い、根拠はありませんが、この人たちが入社してもしなくても、この会社に集まる人はきっと自分と肌の合う人だから安心できるな、とピンときたことも決め手の一つです。

#02

DACで超えた「枠」

入社当時の私は、経験不足から自分の意見や考えに自信が持てず、最終判断を人に委ねてばかりでした。
しかし、今の環境は「あなたはどうしたいの」を引き出し、それを踏まえて「じゃあこうすればいいよ」と導いてくれるので、段々と自分の意志を持って仕事に向き合えるようになりました。
時には、周囲と意見が食い違っても、流されることなく、「こういう理由でこうすべきだ」「こうしたい」と説得できます。
また、今までやりたくないことはできるだけ避けてしまっていましたが、仕事となるとそうもいかないので、自分にとって苦手なことや未知のことに対しても、積極的に取り組もうと思えるようになったことが、枠を超えられた経験かなと思います。
それぞれの強みを持って仕事に取り組んでいる周りの人を見て、自分もそれに近づきたい!と思って、難しそうな案件にも手を挙げられるようになってきたり、周りに意見を求めたりなど、入社当時からしてみればその大きな変化に自分でも驚いています。

#03

どんな人と働きたいですか?

今、先輩も同期も後輩もみんなで「分からないから教えてほしい」「あれは良かった」「これはもっとこうした方が良かった」と言い合える、とてもありがたい環境にいるので、今後もお互いを支えあって高めていける人たちと働きたいです。お互いの強みと弱みを補完しあいながら、みんなでもっと良いものにしていこう、一緒に考えよう、という向上心がある人がいてくれると、嬉しいです。また、どんなときも毎日をポジティブに楽しんでいて、笑顔がステキな人がいいなと思います。辛いときでも、後輩がニコニコしてくれるだけで癒しとなりますし、先輩の笑顔はエールになるので、普段の生活から笑顔を分けてくれる人がたくさん近くにいてほしいなと思います。単純に会社が明るくなることもそうですが、それ以上に、私は仕事をするうえでは日常生活からの気づきが大きいと思っているので、ありふれた日常を楽しめる、自分とは違う視点を持っている人と一緒に仕事をすることで、より良い成果に繋がるのでは、と考えています。

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

斬新なキャッチコピーや最新の技術を使った動画など、新しいものはどんどん生まれていますが、どんなに素晴らしい企画があっても、それを届ける手段がなくては、人の心に刺さりにくいものになってしまいます。SNSやインターネット検索といった、わかりやすいものだけではなく、世の中のあらゆるものがデジタル化されることで、スマートフォンという持ち運び可能な片手に収まるデバイスの中に、たくさんの情報が詰めこまれ、完結するようになりました。しかし、このような多くの情報や技術に触れられる環境の中で、オンラインとオフラインの両方の強みを活かした、広告だけではない新しいコミュニケーションの形を作っていきたいです。
また、広告業界はBtoBの仕事なので、どうしても企業にとって良いことを考えてしまいがちですが、その先にいる一人のユーザーとしての視点も忘れずに、より過ごしやすい、日常が楽しい世の中にするためのデジタルコミュニケーションを心がけていきたいと思います。

Next

Digital
New Society