Profile

入社
2018年
趣味
サッカー・フットサル・テニス
好きな音楽・映画
Mr.Children・ビューティフルマインド
おすすめのランチ
陳家私菜 赤坂一号店 湧の台所

#01

DACに入社を決めた理由は?

自分が一番成長できる場所だと感じたからです。就活当初は、ただ漠然と「広告業界で仕事をしたい」と思っていたのですが、色々な企業の説明会に参加したり、先輩方の話を聞いていく中で、「自分のやりたいことや新しいことにチャレンジできる会社で働きたい」と考えるようになりました。
正直あまりデジタル領域に詳しいわけではなかったのですが、DACならデジタルの最前線で経験を積み、成長することができるのではないかと思い入社しました。実際に今仕事をしてみても、幅広い領域の業務に携わることができ、日々知見が増え続けているので、この会社を選んでよかったと感じています。

#02

DACで超えた「枠」

入社してすぐは、アカウントディレクターとして営業をしていました。その後、SNS広告の運用の部署に異動し、最初は初めてのことばかりでかなり苦戦したのですが、日々、業務の中でネット広告の運用のノウハウや知見を学ぶことができ、自分にとって大きな成長につながりました。また、ここで得た知識は、今後デジタル業界で仕事をする上で強い武器になるとも感じています。
現在はSNSという一つの領域だけでなく、SEMなどの他領域の運用にも携わるなど、経験の「枠」を超え、業務に取り組むことができています。もちろん、まだまだ経験不足な部分もあるので、これからも日々勉強していきたいです。

#03

どんな人と働きたいですか?

答えになっていないかもしれないですが(笑)、とにかく色々な方と仕事がしたいです。会社には自分とは全く違う経験をしてきた人たちがたくさんいます。経験が違えば、考え方や趣味嗜好も全く異なるので、その方たちと会話をすることで新しい発見があったり、考え方が変わったり、自分の視野を広げることにもつながると思います。広告業界での仕事において「人の視点に立って考える」ということはとても大切なことなので、一つ一つの出会いを大切にして日々仕事をしています。

#04

DACは「枠」を超え、どんな
社会をつくっていきますか?

デジタルを通じて更に社会を進化させ、より便利で快適な世の中をつくっていくと思います。技術の発展とともに、これからデジタルはどんどん私たちの生活に取り込まれ、欠かせない存在になっていきます。そこにDACがこれまで培ってきたデジタルの知見を掛け合わせることで、必要な人に必要な情報を必要な時にしっかりと届け、人々の生活を豊かにすると考えています。

Next

Digital
New Society