人々 OUR PEOPLE

# DACでの「一歩」とこれまで。

MARKETING TRADER 野崎 朝輝 TOMOTERU NOZAKI

DACへの入社は未知の世界に飛び込むような気持ちでした。
入社後、しばらくは聞くことや見るもの、ほとんどが自分にとっては新しいもので、与えられる情報量に負けないよう必死に食らいつく日々だったと思います。
今思うと、毎日が本当にあっという間に過ぎていきました。その後、運用型広告に携わるようになり、日常の中の何気ない広告一つの配信の裏に非常に多くの人の力が働いていることを感じました。現在は運用者として、大きな力の一部を担っていることを感じながら、クライアントのキャンペーンを成功に導くために尽力する毎日を過ごしています。

SYSTEM ENGINEER 茂木 みほか MIHOKA MOGI

大学では、表現工学を専攻していました。表現工学とは科学技術と芸術表現の融合による新たな社会ニーズヘの対応と価値の創造を目的とした学問です。その中でモノづくりの楽しさ、またそれを伝える・広めることの重要さや難しさにやりがいを感じ、広告業界に対して興味を持ちました。現在では大学での経験を活かし、技術開発部でDMPサービスの管理画面のUIデザイン及び実装を行なっています。エンジニアとしては初心者で本当に何もわからない状態でしたが、先輩方にたくさんサポートしていただいたおかげで、自分が作った機能を世の中に出すことができました。その時の感動は今でも忘れられません。ちなみに今でも機能のリリースの度に皆さんの反応にドキドキしています!!

MARKETING TRADER 矢島 実優 MIYU YAJIMA

Instagramやキュレーションメディア上の広告に自分の購買行動が影響されていると感じたことがきっかけで、デジタル広告に興味を持つようになりました。
現在は興味を持つきっかけになったInstagramを始めとするソーシャルメディアの広告を運用しています。アップデートの多い媒体なので、配属直後は研修で習ったときと違う……!といったような衝撃が多々ありました。ソーシャルに関わる人たちの間では新しい情報の共有が欠かせないため、関わる様々な部署間での交流が深く、日々多くの刺激を受けながら楽しく働いています。
私はユーザーとしてもInstagramを利用するので、自分が関わった広告を目にした時などは、仕事のやりがいを感じます。

GLOBAL PRODUCER 田畑 光介 KOSUKE TABATA

もともと学生時代に大学、大学院の6年間でビジネス企画や運営、オンラインビジネス・マーケティングなどを勉強していました。そのため、自然と就職先もインターネット関連の企業を志望していました。DACに入社した現在は海外系の調査活動やビジネス企画として、「面白いものを輸入してくる」といったことを担当しています。所属しているチームメンバーたちの雰囲気もよく、自由度の高い仕事環境で働くことができていると感じています。

MARKETING PLANNER 園田 友輝 YUKI SONODA

大学でインターネット広告やメディアについて学ぶ講義を受講したことがきっかけで、この世界に興味を持ちDACに入社しました。入社後も「なんとなく」広告やメディアに係る仕事をするものと思っていましたが、まさかのマーケティングテクノロジー営業の担当に。当初は戸惑いや不安もありましたが、ゼロからテクノロジーやマーケティングについてインプットし、広告配信の仕組みや計測の仕組み、データを溜めて分析する仕組みや広告以外のコミュニケーションを実現する仕組みなどなど…7年かけて様々なサービスやプロジェクトに携わりました。今では社内を見渡してもかなり網羅的に知っている人間になれていると思います。

DATA SCIENTIST 銭 騁 CHENG QIAN

大学では金融学を専攻しており、インターネット広告業界で金融工学における株取引の仕組みを取り入れた広告配信システムが開発されたと知ったことが、この業界に興味を持つきっかけでした。現在は機械学習を用いて、ユーザー行動履歴が蓄積された自社サービス「AudienceOne」のデータを活かして、新しいサービスや商品を開発したり、様々な業務フローを技術によって自動化したり、データから新たなビジネス価値を生むことをミッションにして仕事をしています。

SYSTEM ENGINEER 平川 貴士 ATSUSHI HIRAKAWA

調べ物などでWebページを見ているときに、頻繁に自分に関連のある広告ばかりが表示されていることに気づき、どういう仕組みなのだろうと疑問に感じました。これが、最初にWeb広告に興味を持ったきっかけだったと思います。また、Web広告には、多くのデータが集まっているということを知りました。学生の時に、地球環境化学について大規模データを用いた研究を行なっていたため、どのようなデータを取り扱っているのか気になり、さらにWeb広告に興味を持つようになりました。現在は、自社サービスの一つである、広告配信プラットフォーム”SSP”の「YIELDONE」の開発・運用業務をしています。

MEDIA PLANNER 奥村 幹 MOTOKI OKUMURA

前職は広告制作会社の営業をしてました。紙媒体のデザイン制作が主軸の会社だったのですが、月日とともに、クライアントの興味が紙広告からWeb広告にシフトしていく様子を目の当たりにし、自分のキャリアを改めて考えました。そして、「20代のうちにWeb業界に精通すれば、将来ぜったいに必要とされる人材になれる」と信じ、DACに入社しました。
DACに入社してすぐ、大手の広告会社に常駐し、プログラマティック広告の専門部署に配属になりました。何よりも最先端のWeb広告知識が商売道具になるため、Web広告ノウハウを詰め込む日々でしたね。今もそうですが。(笑)

MARKETING TRADER 松田 侑季 YUKI MATSUDA

どんなに良い製品やサービスでも、多くの人にその良さをアピールできなければ使ってもらうことはできないので、企業の発展に貢献できる「広告業界」にもともと興味を持っていました。入社後はメディア選定を行う部署で広告配信のプランニングを経験し、その後はリスティング広告の運用担当として掲載案の作成から入稿、運用、分析までを一貫して行っています。取り扱うメニューとしては検索連動型広告、Youtube広告、ディスプレイ広告があります。その中でも検索連動型広告は、製品やサービスに対して興味のあるユーザーが、自らの意思でキーワードを入力し、検索したときに表示される広告なので、最も「購入・申し込み」に近いユーザーにアプローチすることができる点が面白いです!

SOLUTION CONSULTANT 伊藤 岳 TAKESHI ITOH

新人研修中の部署紹介でソリューションコンサルタントの仕事内容の説明がありました。その際、DACの中でもデジタル業界における幅広い仕事ができると先輩社員がキラキラしながら話ているのを聞いて、私もこんな風に生き生きと仕事がしたいなと思い、自ら配属を希望しました。
現在はDACが取り扱っているソリューションを使って媒体社への収益改善を目指すコンサルタントとして仕事をしています。

ACCOUNT DIRECTOR 八山 将之 MASAYUKI HACHIYAMA

就活をしていた当時、インターネット広告領域にビジネスとしての将来性を感じDACへの入社を決めました。入社後からアカウントディレクターとしてキャリアをスタートさせ現在に至ります。 
若手の頃から、多くのクライアントを担当し大きな案件にもチャレンジさせていただいたことで、成長できたと感じています。
現在はこれまでの経験を活かし、さまざまなクライアントのマーケティング課題に対して、最適なデジタルソリューションを幅広くご提案させていただく業務を行っております。

MARKETING PLANNER 佐藤 絵美 EMI SATO

大学のときに翻訳のゼミに所属しており、自分の言語で人々をつなげられることに感動しました。また、私自身がきっかけとなって、何かを伝えられるようになりたいと思うようになりました。
DACに入ってから様々な部署を経験し「自分だからこそできること」を考えながら仕事をしています。広告主とユーザー、広告主と媒体社、社内外のコミュニケーション、「デジタルは人の想いでできている」ということを本当に感じています。

STEP FORWARD