理解 DISCOVERY

INTERVIEW : 就活編

INTERVIEW : 就活編

遠山樹里さんの写真
ACCOUNT DIRECTOR

遠山樹里

JURI TOYAMA

2019年入社。大学では政治学を専攻し、学問以外ではダンスサークルの活動に尽力。冬に参加したインターンシップでDACの選考に参加。現在の職種はアカウントディレクター。

多様な業界との関わりに魅力を感じ、広告業界へ

ー大学時代について教えてください。

大学時代は4年間ダンスサークルに所属し、時には振付担当としてメンバーを束ねたり、たくさんの観客の前でパフォーマンスをするなど精力的に活動していました。「一つの分野だけでなく、たくさんのことを学びたい」という理由で政治学を専攻しましたが、在学中に「今学んでいる内容は将来就職したい仕事とは少し違うな」と思い始めるようになり、就職活動では幅広い分野の業種を見るようにしましたね。

ー広告業界を志望していた理由は何ですか?

「マーケティングの知識を身につけたかったから」そして「多くの業界に関わりながら仕事をしたいと思ったから」という2つの理由があります。最初は「こんな仕事がしたい!」というイメージがなかったので、とにかく色々な会社の説明会やインターンシップに参加して、幅広い業界を見ていました。その中で大学3年生の時に人材会社の長期インターンシップに参加し、営業の仕事を体験しました。そこで私自身マーケティングの知識が不足していることに気づき、「勉強しなきゃ」と痛感したんです。それ以降、「どうすれば商品が売れるのか」について関心を抱き始め、自分で調べていくうちに、広告業界ひいてはインターネット広告業界に興味を持つようになりました。
もともと私は一つの仕事をやり続けるよりも、さまざまな仕事を経験していきたいと漠然と考えていました。そのため、終盤はたくさんの業界や媒体に関わることができる広告業界であれば、将来的に自分の選択肢を増やすことにもつながると感じるようになりました。

ー他にどんな業界を見ていたのですか?

業界を絞る以前は航空系や金融系の企業のインターンシップにも参加しましたが、いずれも少し固い雰囲気を感じ、入社後自分がその雰囲気についていけるか不安に感じました。広告業界を主眼に置くようになった後も色々な業界に目を向けてみましたが、やっぱり「様々な業界と関われる仕事がしたい」さらには「勢いのある業界でたくさんの学びを得たい」と思い、最終的にはインターネット広告業界一本に絞りました。

決め手は、DACで働く「人」の魅力

ー最終的にDACを選んだ決め手は何ですか?

一緒に働く「人」にすごく魅力を感じたのが、最終的な決め手となりました。私は「働く環境」を就活の軸にしていました。DACのインターンでも会社がどんな雰囲気なのかを特にしっかり見ていたのですが、講師やサポートとして来ていた先輩社員の方々のあたたかい雰囲気を見て「ここなら間違いない、頑張れそうだ」と感じたんです。さらに内定式の時に出会った同期を見て「この人たちとなら楽しくやれそうだな」と確信することができました。

ー入社当時は不安などありましたか?

入社を決めた理由にも含まれますが、DACの雰囲気に好感を持っていたことや充実した研修制度も整備されていたので、入社当時は特に不安を抱えることなく働けていたと思います。
何もわからないままインターネット広告の世界に飛び込みましたが、入社して1ヶ月間は同期全員で新入社員研修があり、配属後も数ヶ月は研修が準備されているので、必要な知識を想像以上に学ぶことができました。

ーDACの魅力は何ですか?

新卒一年目でも色々なことに挑戦できるところです。OJT(On-The-Job-Training)という制度で、先輩と一緒に仕事ができるので、早くスタートを切れる機会が多くあり、何事も“即実践”できる部分が魅力的ですね。それから、とにかくオフィスが綺麗でガラス越しに見える景色もすごく眺めが良いんです。それが毎日の働くモチベーションにも繋がっているため、DACの魅力の一つだと思っています。

ー最後に就活生へアドバイスをお願いします。

インターネット広告の世界は変化が激しく、吸収できることがすごく多い業界です。変化に寛容な方や、常に学び続けたいと思えるような方には向いていると思います!また、やりたいことを予め絞っておくのも良いですが、「色んなことにチャレンジしてみよう」という気持ちでいた方が、入社後どんな仕事を任されても柔軟に頑張っていけるのではないかと思います。みなさんがDACに入社される日を楽しみにしています。ありがとうございました!

STEP FORWARD