太田 明香里さん

2020年新卒入社。
現在は、アカウントディレクターとして、クライアントに向けたメディアプランを広告会社に提案している。

 

 

まずは自分で考えて行動することが、大きな学びに繋がる

 

現在の業務について教えてください。

 

現在は、広告会社の窓口としてフロントに立ち、広告出稿全体のディレクションを行っています。具体的な業務としては、クライアントの要望に合わせた媒体の提案や入稿の調整などです。1人で担当する場合もあれば、チームで提案内容を考えることもあり、クライアントの成果を最大化するために、日々広告と向き合っています。

 

DACに入社を決めた理由は何ですか?

 

もともと広告業界に興味を持っていて、広告会社や媒体社を見ていました。その中でもDACの「急成長しているデジタルに特化しており、事業規模の大きな環境で学ぶことができる」という点に魅力を感じました。そして、最終的な決め手となったのは「社員や同期の雰囲気の良さ」です。内定者懇親会での先輩社員のお話や同期になる人たちの雰囲気がとても温かく、一緒に働きたいと素直に思えたので、入社を決めました。

 

入社前と入社後のギャップは何かありましたか?

 

想像以上に、若手のうちから裁量権があるということが1番のギャップでした。事業規模の大きな会社なので、1,2年目は先輩の案件をフォローしながら学んでいくだろうと思っていたのですが、実際は1年目から1人で案件を担当し、何件も稼働させていました。そこで感じたのは、やはり実践で身につくことが多いということです。もちろん先輩にも手厚くフォローしていただきましたが、まずは自分で考えて案件を稼働させてみることで、気付いたことや学んだことが本当に多く、その経験が今の成長に繋がっていると思います。また、私の新卒研修は新型コロナウイルスの影響で、急遽完全リモートになったのですが、その際の対応の早さにも驚かされました。変化への適応力やスピード感はデジタルを扱う会社ならではの強みだと思いました。

 

悔しい経験が、自分を変えるきっかけに

 

入社してから1番変化を感じる部分はどこですか?

自分の中で1番変化を感じる部分は、「相手の意図を汲み取ってコミュニケーションを取れるようになった」ことです。学生時代から、コミュニケーション力には自信があり、そのこともあって営業を志望していました。しかし、実際の業務を通じて、自分の視点でしかコミュニケーションを取れていないことに気付きました。広告会社と媒体社の架け橋として営業を行っているため、認識齟齬を起こさないよう、相手がどういった意図を持っているのか、という視点を大事にしながらコミュニケーションを取らなければなりません。その視点を意識するようにした結果、多角的な視点を持てるようになり、更に相手の意図を汲み取った上で行動することで、クライアントに寄り添った提案ができるようになったと思います。

 

今のご自身に影響を与えたエピソードはありますか?

1年目の時に、自分の担当していた案件の進捗管理が上手くいかず、広告掲載の開始日が遅れそうになった経験は、自分が意識を変える大きなきっかけになりました。当時は、自分の案件管理で精いっぱいで、広告会社の方や運用者など周りの状況まで把握しきれていませんでした。その結果、チームとして連携をうまくとることができず、掲載開始までに時間の余裕がなくなり、自分だけでは対応しきれなくなってしまいました。その時は、先輩や周りの方々にフォローにしていただき、なんとか予定日に無事広告を掲載することができたのですが、自分の中では非常に悔しい経験でした。そこで改めて、広告掲載は決して1人でできるものではないこと、そして、チームとして案件を稼働させているからこそ、周りの状況をしっかりと把握しなければならないと強く感じました。それからは、より視野を広げることを意識し、全体を見て案件に携われるようになったので、円滑なコミュニケーションにも繋がっているのではないかと思います。

 

1年目から案件も持たれて、不安などはありませんでしたか?

もちろん最初は、1人で案件を持つことに不安もありましたが、周りの方の手厚いサポートのおかげで、不安は徐々に解消されていきました。特にトレーナーの方の存在は私の中で非常に大きかったです。とても視野が広く、ご自身が担当されている複数の案件をこなしながら、常に私の業務の進捗などを気にかけてくださいました。おかげで、相談もしやすく、安心して業務に取り掛かることができました。そのトレーナーの方も2年目だったのですが、自分も1年後にはこうなっていたい、という1つの目標をもって日々仕事に励んでいました。

 

デジタル業界は、情報のアップデートも早く大変だと思いますが、どのように知識のインプットを行っているのですか?

社内の媒体担当の方から、毎日最新情報が発信されるので、そこから最新の媒体情報を得ています。また、社内の勉強会なども多く開催されており、社内にいるだけでかなりの知識を身に着けることができます。また、ユーザー視点に立って、媒体を見ることは非常に重要だと考えているため、自ら色々な媒体に積極的に触れるようにしています。どんな媒体でも一度触れてみることで、気付きを得ることが多いです。営業にとって、最新の情報を身に着けることは欠かせません。営業として信頼していただくためにも、最新情報のインプットは大事にしています。

 

周りの業務に対する熱意が、自身のモチベーションに

 

実際働いてみて感じるDACの魅力って何ですか?

入社の決め手でもお話しましたが「人の良さ」ですね。連携が必要な業務だからこそ、社員同士でフォローしあっていて、上下関係なく、コミュニケーションが活発に取られている印象です。また、周囲に対する温かさはもちろんですが、それ以上に全員が「業務に対する熱意」を強く持っていると思います。この案件をもっとよくしていくためにはどうすればいいか、ということを常に考えている人が多く、本当にいい刺激をもらっています。こうした同期や先輩方と一緒に働けることが、自分のモチベーションにもつながっています。

 

最後に今後のビジョンを教えてください。

まだまだ力不足な部分はありますが、「太田さんになら安心して任せることができる」と思ってもらえる営業になりたいです。そのためにまずは、尊敬しているトレーナーさんのように、社内外問わず信頼されるようになり、今まで以上に広告会社や媒体社に寄り添った提案ができるようになっていきたいと考えています。

 

Recommend Tag

一覧へ戻る

Digital
New Society